頭皮が乾燥すると、無性に痒くなり、ついつい自然と頭をかいてしまいますよね。

そして、この悪循環を繰り返すと、頭皮は炎症を起こしてしまうのです。

頭皮の乾燥は、空調や湿度による外的要因から、頭皮の痛み、老化の進行、さらに体調の不良やストレスなど、多岐にわたります。

そこで、頭皮のかゆみを抑え、炎症を治す方法についてお話します。


<目次>
・頭皮のかゆみを抑え炎症を治す方法とは!

・頭皮を改善する正しいドライヤーのやり方!

・頭皮を健康に!頭皮美容液について!

 

頭皮のかゆみを抑え炎症を治す方法とは!

頭皮のかゆみを抑えるなら、まず原因を追究しましょう。

原因を追究したら、まず、その行為を止めてみる、やり方を変えてみるなどして改善していきましょう。

では、かゆみの原因となる代表的な要因と改善策についてお話します

 

・シャンプー選び
よく勘違いするのが、汚れや皮脂が原因と思い、汚れがよく落とせるシャンプーを選びがちですが、そのようなタイプのシャンプーだと、頭皮を保湿するために必要な皮脂まで取り除いてしまい、逆に頭皮を傷めてしまいます。かゆみを抑えるなら、弱酸性の中でも、頭皮環境を整えてくれるアミノ酸系のシャンプーが良いでしょう。

おすすめのシャンプーはこちら→■フランスのコスメ賞で大賞を受賞した人気のスカルプケアソープ

 

・シャンプーのやり方
シャンプーの基本は、頭皮を刺激しないで洗うこと。しかし、頭皮がかゆいと、ついついゴシゴシこすってしまいがちです。ですから、正しいシャンプーのやり方で洗髪し、頭皮を傷つけないようにしましょう。

シャンプーのやり方はこちら→頭皮の炎症を抑えるシャンプーのやり方!

 

・頭皮の血行不良
頭皮の血行不良を起こすと、栄養不足になったり、かゆみや乾燥がひどくなります。、生活習慣の見直しや、寝不足の解消、ストレスをためないなどの対策をとりましょう。

 

・紫外線による頭皮の老化
頭皮に紫外線を浴び続けると、頭皮は老化していきます。老化だけではなく、頭皮を傷めることにもなります。紫外線をできるだけ避けるように、外出時には帽子や日傘といった、紫外線対策を行なってください。

 

・誤ったヘアケア
ヘッドスパやスカルプケアなどで頭皮マッサージをすることで、摩擦や刺激となって逆に頭皮を傷めてしまうことがおあります。正しいマッサージでヘアケアを行ないましょう。

正しいマッサージのやり方はこちら→頭皮を改善する正しいマッサージのやり方!

また、よくありがちなのが、頭皮や髪を乾かそうとするあまり、ドライヤーと頭皮の距離を近付けすぎたり、ドライヤーをあてる時間が長すぎたりして、頭皮を悪化させてしまっています。

そこで次の項では、頭皮を改善する、正しいドライヤーのやり方についてお話します。

頭皮を改善する正しいドライヤーのやり方!

では、頭皮を改善する正しいドライヤーのやり方についてお話します。

①髪の余分な水分は拭き取る。

タオルドライはタオルで絶対に擦らないように、髪は摩擦に弱いので、擦る事で、キューティクルか損傷してしまいます。

軽くたたくようにして水分を取りましょう。

 

②髪の根元から乾かす。

ドライヤーは髪の毛から20センチほど離し、根元から乾かしていきます。

指を軽くまげてて首の方から頭頂部に向かって、手を髪の中に入れます。

そこに出来た空間にドライヤーの風を送るようにします。

 

③振りながら乾かす。

根元かある程度乾いたら、上下左右にドライヤーを振りながら、熱風が1か所に当たり過ぎないように、髪全体を手早く乾かしていきます。

毛先は根元が乾けばほぼ乾くと思います。

必要以上のドライヤーは当て過ぎない様にして下さい,

 

④ハンドブロー

五本指で髪を挟みながら髪に均一のテンションをかけながら、ドライヤーをかけていきます。

髪を挟んだ指とドライヤーは、髪の根元から毛先に向かつて一緒に動かしてドライしていきます。

以上が頭皮を傷つけないドライヤーのやり方です。

 

もし、頭皮に異常があるのなら、一度、頭皮美容液を使ってみたは如何でしょうか?

 

次の項で、頭皮美容液についてお話します。

頭皮を健康に!頭皮美容液について!

 

頭皮美容液ってなに?

頭皮美容液は、保湿成分や美容成分が配合されており、頭皮だけではなく髪にも栄養を届けてくれます。

頭皮のかゆみやフケなど、頭皮のトラブルにとても有効な商品です。

では、頭皮美容液でおすすめはどれでしょうか?

 

頭皮美容液でおすすめなのが「ナチュルプ」です。

「ナチュルプ」は、頭皮のサイクルの乱れに着目し、頭皮のサイクルを整えることで、雑菌の増殖を抑え、かゆみ、フケ、乾燥によるニオイなどを解消してくれます。

もっと詳しく「ナチュルプ」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、頭皮美容液「ナチュルプ」が頭皮のトラブルに選ばれるのか?」





このページの先頭へ